レーザー脱毛とは

脱毛の方法は数多くありますが、その中でもレーザー脱毛について調べてみたいと思います。レーザー脱毛とは今では家庭用の脱毛器具なども販売されていて、割と一般的になってきている感じがしますし、脱毛サロンなどで行う施術の方法が今では家庭でも出来る、というイメージが強い気がします。さて、そのレーザー脱毛についてですが、概念は無駄毛の成長期に黒色や茶色と言った毛の色のもとのメラニン色素に反応するレーザーを照射することで毛や毛根などにダメージを与えてはえてこなくする方法であるようです。

施術を行ってくれるのはエステや美容外科などです。レーザー脱毛は組織を『破壊』することが目的で脱毛を行うのですが、その際に肌が傷ついたりすることはないのでしょうか。また家庭用の脱毛器具と病院や脱毛サロンなどでのレーザー照射機に違いなどはあるかもしれませんよね。その違いは余り知られていはいないようですが、脱毛というのは医療行為の一つであり、エステサロンなどで行われるレーザー脱毛はフラッシュライトを使用したものであり、病院での脱毛で使う医療レーザー脱毛とは違いがあるようです。原理としてはどちらも黒い色に光が集まるようになっているものであります。フラッシュライトと医療用レーザー脱毛の違いは出力によるものが大きいのですが、実際エステサロンなどで使われるフラッシュライトを使ったIPL脱毛では機器により違いがありますが、出力を上げられるものもあり、病院のレーザー脱毛と同じくらいの効果があると言えるようです。何が違うのか、というと万が一やけどなどを負ったときの対処に違いが出ることだそう。病院などでの施術であれば治療が出来ますが、エステサロンなどでの怪我の場合、ローションなどを塗るくらいしかできません。病院ではないからですね。安心を求める場合、万が一ということもありますから病院を選ぶ方も多いと思います。その場合は料金が少し病院での脱毛のほうが割高になるということです。

ホームに戻る