乳首が黒ずんでしまう原因と対策

乳首が黒ずんでしまう原因と対策

黒ずみの原因をご存知でしょうか?

乳首の黒ずみ=経験人数の多さという考えが広まっている事から、もしかして・・・と心配している方も多いのではないでしょうか。

 

ただ乳首の黒ずみ=経験人数の多さというのは間違いですので、心配されている方は安心して下さいね(笑)

 

という事でこのページでは気になる乳首が黒ずんでしまう原因と対策法についてご紹介して行きたいと思います。

加齢による黒ずみ

 

年を重ねてくると新陳代謝が低下して、黒ずみの原因であるメラニン色素を上手く排出出来ずに、肌のターンオーバーが上手く働かない状態になってしまいます。通常剥がれ落ちるはずの古い角質が、上記のような原因で剥がれ落ちずに、お肌に残っている事から黒ずんでしまうのです。

 

新陳代謝を高める方法やお肌のターンオーバーを促進する方法は
数多くありますので一つ一つ実践して行くと良いかもしれません。

 

摩擦による黒ずみ

 

乳首は過度な刺激を受けやすい場所の一つです
ブラジャーであったり洋服であったり、防ぐことが出来ない刺激ではありますが、自分の身体にあった下着を身に付ける事で、過度な刺激を防ぐ事が出来るので下着の見直しをお勧めします。

 

ブラジャーは大きすぎても小さすぎてもダメなので、ランジェリーショップなどで店員さんにフィッティングしてもらうと良さそうです。その時に店員さんに乳首の黒ずみを相談すると、天然素材のブラだったりを紹介してもらえると思うので相談されると良いかもしれません。

 

妊娠中による黒ずみ

 

妊娠を機に乳首が黒ずんできたと感じる方は多いです。
その理由の一つとして、ホルモンバランスの変化と言われています、妊娠中に女性ホルモンが急激に増加する事で、黒ずみやシミ、そばかすといった肌トラブルに悩まされやすいそうです。

 

そしてワキや乳首、乳輪、外陰部などは、元々黒ずみやすいメラニン色素が多い場所なので、妊娠中のホルモンバランス変化で余計に、黒ずみやすい場所がもっと黒ずんで見える状態になるのだとか。

 

また授乳による刺激も黒ずみの原因です!
赤ちゃんが吸い付く刺激の防御反応から、黒ずんでしまうとも言われています。黒ずんでしまうから授乳はしない!というのはおかしいですから、妊娠中妊娠後の黒ずみはしょうがないですね。

 

乳首黒ずみに効果ある美白クリームお勧めランキング最新版はコチラから